ボケぶろ!

クソブログです。 鼻ほじりながら見てください。

    2016年01月

    20151030-gesuotome_v
    1: :2016/01/29(金) 19:31:36.83 ID:
    http://img.2ch.sc/ico/1fu.gif
    不倫騒動に揺れるタレント・ベッキー(31)がレギュラー番組「にじいろジーン」(フジテレビ系)の30日放送回から休演すると発表された。
    さらに日本テレビ系「真実解明バラエティー!トリックハンター」」「天才!志村どうぶつ園」「世界の果てまでイッテQ!」の3番組の出演も当分見合わせる。

    他のレギュラー番組の降板も必至な状況で、既に10社あったCMもすべて放送終了。不倫の代償をベッキーが痛いほど味わっている中で、
    世間の目が向いているのは不倫相手である「ゲスの極み乙女。」ボーカルの川谷絵音(27)。ベッキーと〝両成敗〟にすべきとの声がネットで上がっている。

    知名度や、「卒論」などLINEでの発言からベッキーにより矛先が向いている今回の不倫騒動だが、新妻がいながら身勝手な行動をした川谷も同罪といえる。

    報道陣から逃げるように会場を去り、きちんと騒動へのコメントをしていない。15日、22日と出演した音楽番組でも謝罪はなかった。
    27日にはレギュラー出演していたラジオ番組「SCHOOL OF LOCK!」のコーナーの出演休止も発表されており、公の場で謝罪する機会は再びなくなった。
    2月3日には、川谷が活動している別のバンド「indigo la End」が新曲「心雨」を発売。3月から始まる全国ツアーや30、31日に行われる日本武道館での初公演も休止する様子はない。

    そんな中でのベッキーが芸能活動を休業するとの報道。火遊びの代償がベッキーばかりに偏る様子に「川谷絵音も休業しろよ」
    「ベッキーだけに責任取らせて、堂々と活動するな」などとネット上の怒りの矛先は川谷に向かい始め、休養など〝両成敗〟を求める声が後を絶たない。

    http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/500474/
     
    3: :2016/01/29(金) 19:34:08.94 ID:
    両成敗→間違い
    皆殺し→せいかい!
    (´・ω・`)
    【「休業しろよ」ベッキー休業で不倫相手ゲス川谷に“両成敗”求める声】の続きを読む

    1: :2016/01/29(金) 00:07:39.02 ID:
    104 風吹けば名無し@転載禁止[] 2016/01/29(金) 00:04:56.26 ID:Fw/r0kZI0

    >>94
    俺素人やけどMAX154出るし弱小校で甲子園出れへんかったけど150以上出る奴なんて探せばおるやろ
    問題はキレよ



    取り急ぎ
     
    2: :2016/01/29(金) 00:08:23.99 ID:
    隙を
    【【速報】なんJ民、154kmを投げる】の続きを読む

    4360becd
    1: :2016/01/28(木) 21:30:14.14 ID:
    http://img.2ch.sc/ico/anime_jyorujyu03.gif
     大阪府警西署の男性警部補(59)が容疑者の取り調べ中、タブレット端末で人気ゲーム
    「ドラゴンクエスト(DQ)」をしていたとして、本部長注意の処分を受けていたことが府警への
    取材でわかった。

     警部補は府警の調査に対し、「暇つぶしでやっていた」と話している。処分は昨年10月28
    日付。

     府警監察室によると、警部補は昨年10月、わいせつ電磁的記録記録媒体有償頒布目的
    所持容疑で逮捕された女の取り調べ中、内規で取調室への持ち込みが禁止されているタブ
    レット端末を使い、3日間で計約3時間、DQに興じていたという。

     警部補は、20歳代の男性巡査長の補助役として取り調べに同席。ゲームをしている警部
    補に女が気付き、別の警察官に知らせて発覚した。

     警部補は「取り調べが順調に進んでいたので、何もすることがなく暇だった」と説明してい
    るという。

    http://www.yomiuri.co.jp/national/20160128-OYT1T50192.html
     
    2: :2016/01/28(木) 21:31:39.36 ID:
    ゲーム名を出す必要あるのか
    【取り調べ中にドラクエしてた警部補、厳重注意の処分】の続きを読む

    このページのトップヘ